云顶集团

图片

イベント

量子アニーリング研究会

国際先駆研究機構の量子コンピューティング研究拠点が、量子アニーリング及び関連技術に関する研究会を開催します。量子アニーリングや関連した技術の進展を踏まえて、現状を俯瞰するとともに交流の場を提供することを目的とします。基礎科学的および技術的側面を中心としますが、より幅広いテーマも取り上げます。

量子アニーリング研究会

開催日時

2023年2月20日(月)9:50-17:40
2023年2月21日(火)9:50-17:40

開催場所

TKPガーデンシティPREMIUM田町ホール4C (JR田町駅 徒歩数分)

参加費

無料

使用言語

日本語

主催

東京工業大学 国際先駆研究機構 量子コンピューティング研究拠点

プログラム

拠点外からの招待講演30分+5分 その他の講演15分+5分

2月20日(月)

時間

講演者名(所属)

タイトル

9:50

荒井俊太(東工大)

D-Waveマシンによる連続最適化

10:10

工藤和恵(お茶の水大/東北大)

量子アニーリングと局在現象

10:45

奥山真佳(東北大)

確率的な制御誤差が存在する量子アニーリングにおける閾値定理

11:05

休憩

11:20

門脇正史(デンソー)

非断熱量子アニーリングにおける貪欲的なパラメータ最適化

11:55

関優也(慶應大)

アニーリングマシン実機に向けたFactorization Machineによるハミルトニアン学習

12:30

昼食

13:30

武居弘樹(NTT)

光パラメトリック発振器ネットワークを用いた計算機

14:05

山本剛(NEC)

超伝導パラメトリック発振器を用いた量子アニーリングマシン

14:40

関根崚人(カリフォルニア工科大)

全光オンチップ光パラメトリック発振器ネットワークを用いた計算機開発

15:00

後藤隼人(東芝)

シミュレーテッド分岐マシンの基礎

15:35

休憩

15:50

須佐友紀(NEC)

分岐型量子アニーリングにおける全結合p体模型の相転移

16:10

棚橋耕太郎(リクルート)

アニーリングマシンを用いた組合せ最適化の実ビジネスへの応用

16:45

寺部雅能(住友商事)

量子アニーリングを活用した社会実装の挑戦

17:20

田中宗(慶應大/東工大)

次世代アクセラレータを用いたスマート製造領域最適化

17:40

終了

18:00

懇親会(予定)

2月21日(火)

時間

講演者名(所属)

タイトル

9:50

西森秀稔
(東工大/東北大/理研)

物理実験装置としてのD-Waveマシンによる量子相転移理論の検証

10:10

鈴木正(埼玉医大)

熱浴の影響を受けた量子アニーリングの理論とシミュレーション

10:45

木村裕介(理研)

シミュレーテッド量子アニーリングの熱平衡状態への収束条件

11:05

休憩

11:20

田村泰孝(DXR研究所)

デジタルアニーラのアーキテクチャ拡張性

11:55

山岡雅直(日立)

CMOSアニーリングの概要とその応用

12:30

昼食

13:30

張山昌論(東北大)

大規模量子アニーリングシミュレーションのためのFPGAベースカスタムスーパーコンピューティング

14:05

深見俊輔(東北大)

スピントロニクス確率ビットを用いた疑似量子計算

14:40

大関真之(東北大/東工大)

量子アニーラによる交互最適化

15:00

松崎雄一郎(産総研)

分岐型量子アニーリングによるスピン1粒子間の多体エンタングルメントの生成

15:35

休憩

15:50

金井博志(慶應大)

量子アニーリング及びシミュレーテッドアニーリングに対するエネルギー地形変換の効果

16:10

服部智大(慶應大)

量子アニーリングに対する変数固定手法の影響

16:30

西村光嗣(Jij)

量子?イジングマシンの社会実装に向けたソフトウェア?研究開発

17:05

松田佳希
(フィックスターズ)

量子アニーリング?イジングマシンにおける共通ソフトウェア基盤開発

17:40

終了

申込方法

申し込み期限

2023年2月3日(金)

関連リンク

お問い合わせ先

国際先駆研究機構 量子コンピューティング研究拠点

Email uesugi.n.aa@m.titech.ac.jp

1月25日 13:40 本文中 当イベント開催日時 2023年2月20日(月)の終了時刻と、2023年2月21日(火)の講演者の所属に一部誤りがございましたため修正しました。

更新日:2023.01.25